CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

ゲンユウカンニッキ (仮)

雑記です。タメにはなりませんし役にも立ちません。ゴメンナサイ。
<< レーシック施術記【epi.2】〜適正検査編その1 | main | 「あれは何だ?鳥だ!飛行機だ!まりもっこりだぁ!」と棒で吊し撮影している人の日記 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - |
    レーシック施術記【epi.2】〜適正検査編その2(ちょっと長いよ)
    0
      入り口から入ると、ぴかぴかの受付カウンターに6〜7人女性のスタッフがいて、てきぱきと業務を行っております。
      名前を告げると、問診表を渡されて記入するように言われます。
      平日の夕方だというのに、待合室には30人くらいの人。

      問診表を提出して、手荷物をロッカーにしまい、待合室で順番を待ちます。
      待合室には大きなモニターが2つあって、「レーシックとは?」とか手術の説明などの映像がエンドレスで流れてます。
      それを観たり雑誌を読んだり、窓の外を眺めたり(すごい大きな窓があって、銀座の街が眼下に広がる)していると名前を呼ばれました。

      診察室に案内されるんですが、この診察室がすっごい広いの!
      検査の機械がずら〜っと並んでいて、奥には視力検査のボード(保健室なんかにあるアレね)がこれまたずら〜っと並んでいます。

      なるほど、これならたくさんの人をいっぺんに診察できるな〜。
      目のカーブや眼圧なんかを細かく調べて、視力検査に移ります。

      最初は裸眼の状態から計測します。
      「はい。では、一番上は見えますか?」
      「全っ然見えません!!」

      はい、つまり0.1以下なんですね〜。
      うわ〜、久しぶりに視力検査したけど、ずいぶん悪くなってたんだな・・・。
      まぁ、そこはそれ。今度はスタッフのお兄さんが検査用のマーク(Cとかってやつ)が描いてあるボードを持って、私の2mくらい前に立ちます。
      「これはどうですか?」
      さすがにそれは見えますが(笑)。と、そんな受け答えをしながらだんだん離れていきます。
      ある程度まで離れるとだんだん見づらくなって、それで視力を判定するみたいです。

      その後、手術でどういう風に矯正するかを正しく設定するために、色々なレンズをかけて計測していきます。
      これはかなり細かくやるので、結構時間がかかりました。
      20分くらいかな?
      とはいえ、大事な目の手術ですから、このくらいやってもらわないと!

      この検査が終わると、今度は奥のちょっと暗い部屋へ通されます。
      具体的にいうと客電が点いてるくらいです(・・・具体的、か?)。

      ここでも、いろんな機械で角膜の厚さとかを計測するんですが、機械を覗き込んで目を大きく見開くっていうのが、なかなか難しい。
      「もっと大きく目を開けてくださ〜い。」「頭動かさないで〜!」
      とか何度か注意されちゃった。ごめんなさ〜い(T_T)

      その次はまた明るい部屋へ移動。
      超音波で角膜の厚みを測るんですが、そのために瞳孔を開く目薬を点します。
      そのときにスタッフのお姉さんが、
      「4〜5時間くらいは瞳孔が開きっぱなしになるから、手元が見にくくなります。車の運転とか絶対にしないでくださいね。」
      って言ってました。おお、なんか怖いな。

      んで、目薬が効くまで30分くらい待ちます。
      その間に手術の後の事なんかを細かく説明してくれます。
      ここでの待ちが一番長い。

      「術後当日は洗顔、洗髪、お風呂はだめです。術後1週間はアルコール控えて(!!!)くださいね。あと、温泉・海外旅行は1ヶ月くらい我慢してくださいね〜。」
      まぁ、これはいろんな人が入る温泉だと衛生面がよろしくないということらしいんですが・・・手術の1週間後に九州に行くんですけど!!!

      ・・・どうしよう。まぁいいか。

      そうこうするうちに、私の番になりました。
      細かく仕切られた部屋に通されてベットに横になります。
      そこでまた目薬をさされるんですが、これが超音波の機械を直接目にあてるための局部麻酔なんですよ。
      しかも、点した瞬間効いちゃうからすごい。
      で、機械を目に当てるんですが、麻酔が効いてるから痛みはないんだけど見えてるから!
      機械が近づいてくるのが見えてるから!!
      今日一番怖かった・・・冷や汗

      さぁ、これで検査はおしまい。
      最後にお医者さんの診察です。
      このお医者さんも一人ではなく、この日は5人くらいいて次々に患者さんが通されます。
      今日の検査の結果をみて、最終ジャッジをするんですね。

      「ちょっと出血してるんですけど・・・高血圧?」
      そんなこと初めて言われました。
      「まぁ、これくらいは問題ないですけどね〜」
      じゃあ言うな! 無駄に不安にさせるな!!
      あとは細かく角膜に傷がついてるらしいので、目薬を処方されました。
      「手術で1.5になるくらいを目指しますね。あとは、術後は強い風に当たったり、強く目をこすらないようにね」
      場合によっては視力が元に戻っちゃうことが、ごく稀にあるらしいですが。
      そういう場合も、角膜に厚みがあれば再手術も可能らしいし、ソフトコンタクトを使うことも出来るそうです。
      (ただ老眼はどうしようもないらしい)

      で、受付で手術の同意書と、目薬、手術のリーフレットをもらって手術の日程を確認して帰ります。
      あ〜、ぐるっと廻って最初の受付のカウンターへ戻ってきたわけね。
      この時点で夜7時。3時間経過。でも、結構あっという間でした。

      で、電車に乗ろうとして切符を買うときに全然目のピントが合わないことに気づきます。
      あぁ、これかさっきお姉さんが言ってたのは。
      普通に歩いたりできるんだけど、目のピントが合わないので、なんかすごい疲れた〜。

      さぁ、いよいよ・・・次は手術です!!
      | スズキ【レーシック】の部 | 02:30 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 02:30 | - | - | - |
        レーシック結構任意で入ってる保険おりるよ!
        我が家の家人も受けたいってんで、入ってる保険会社にいろいろ確認したら、みんな手術の給付金あるって♪
        | ぽゅっち@けんどーぶやっぱり好きだ大好きだ | 2008/03/03 3:19 PM |
        おお!書き込みありがとうございます!

        そうなんですよ。給付金がおりるところがあるんですよね〜。
        後でわかって、ちょっと残念です。

        もし、受けるんだったら紹介券あげますよ〜(^・^)
        | さちこ | 2008/03/04 9:17 PM |









        http://genyukan.jugem.cc/trackback/94